良質・分かりやすい・役に立つ情報をお届けいたします。

【2020年版】キーワードプランナー有料機能を使おう|費用はいくらかや詳細な検索ボリューム調査方法も

【2020年版】キーワードプランナー有料機能を使おう|費用はいくらかや詳細な検索ボリューム調査方法も

こんにちは!アフィリエイト チームのMiyatakeです。

この記事では、情報発信ブログでもアフィリエイトブログでも必須のツールであるキーワードプランナーについて、「キーワードプランナーの有料機能を使えるようにする方法」を画像付きで説明します。

 

この有料機能とは、下記のようにキーワードの検索ボリュームの詳細情報が表示される、と言うものです。

 

 

キーワードプランナーはGoogle広告の一機能なのですが、結論をいうとGoogleに広告を出すとキーワードプランナーの有料機能が使えるようになります。

 

今回はその詳細な手順について、画像を使って詳しく解説していきますね。

 

 

私はアフィリエイトブログを2020年2月より運営しています。

ベテランの方からするとまだまだひよっこの私でも、一応記事は数100記事は書いてきました。

そんな私が、Wordpress記事作成においてこれまで何度もつまづいてきては何とか乗り越えてきた経験をもとに、初心者の方のつまずきやすいポイントを抑えながら分かりやすくお伝えしていきます。

 

それでは、さっそく説明していきます。

 

キーワードプランナーの無料版と有料版の違い

冒頭でも簡単に説明しましたが、キーワードプランナーの有料機能とは、通常の無料版のキーワードプランナーに比べて検索ボリュームの結果が詳細になると言う点です。

 

そもそも、キーワードプランナーで何ができるの?と言う方は、下記の記事をご覧ください。

キーワードプランナーを使う目的や無料版を使った検索ボリュームの調査方法について解説しています。

 

 

【2020年版】キーワードプランナーの使い方を紹介|無料で検索ボリュームを調査しよう

 

キーワードプランナーの無料版と有料版での検索ボリュームの調査方法は全く同じですので、有料機能を開放したあとは同様な操作手順でご利用いただければと思います。

 

さて、無料版と有料版の違いについてまずは実際に画像でお見せします。

通常のキーワードプランナー(無料版)を使った場合、検索ボリュームの調査結果は下記のようになります。

 

 

無料版の検索ボリュームの表示は、例えば「1万〜10万」などのようにかなりざっくりとした結果が出ます。1万と10万では10倍の差があるわけなので、かなり誤差が多くなるわけです。

検索ボリュームの桁数をざっと知りたい方は十分だと思いますが、本当に狙いたいキーワードを考えていくときはやはり不十分になります。

 

一方で、Google広告で広告費をかける(=有料機能を開放すると)と下記のような表示に変化します。

 

 

このように詳細な検索ボリュームが確認できるとキーワード選定もしやすくなりますね。また、月間の検索ボリュームの推移も簡単にチェックできるようになります。

次の節からは、キーワードプランナーの有料版の表示にするための方法を詳しく説明していきます。

 

 

キーワードプランナーの有料版の利用方法

さて、ここからは実際に有料版の機能を開放する具体的な手順について説明していきます。

 

まずは、Google広告にアクセスしてください。下記のような画面が表示されますので、赤枠の「新しいキャンペーンを作成」というボタンをクリックしてください。

 

 

(画像の個人情報部分はブラックアウトしております)

 

クリックすれば、下記のようにキャンペーンの内容を設定する画面に移動します。

『このキャンペーンで達成したい目標を選択』の項目で、「目標を設定せずにキャンペーンを作成」をクリックしてください。

 

 

次に『キャンペーンタイプを選択してください』の項目では、「検索」をクリックしてください。

 

 

キャンペーンタイプの入力後、スクロールしていただき、「続行」をクリックしてください。

 

 

 

そうすれば、キャンペーンの詳細設定をしていく画面に移動します。まずはキャンペーン名を入力してください。

キャンペーン名は何でもOKです。キャンペーン名を入力した後、「設定をすべて表示」をクリックしてください。

 

 

下にスクロールしていただき、『開始日と終了日』をクリックしてください。

 

 

終了日はデフォルトでは「なし」で設定されています。

 

 

今回は、開始日より1日後を終了日としてください。今回は広告の目的がキーワードプランナーの有料機能を使うためなので、目的が達成されれば広告の出稿をやめることになります。

続いてさらに下にスクロールし、『予算』を設定していきます。「1日あたりの平均費用としてのご希望の額を入力してください」の欄に、今回は200円と入力してください。

 

 

私の経験として、キーワードプランナーの有料機能を使うには広告費を200円前後かける必要があります。正式な金額は公にはされていないのですが、2020年の時点で200円前後と考えていただいてOKです。

この効果は1ヶ月持つので、月に1回200円の広告を出せば、継続的にキーワードプランナーの有料機能を使えると言うことになります。

ここで設定した金額を超える広告費を消費すれば自動で広告が止まります。

 

 

広告費を入力後、下にスクロールしていただき「保存して次へ」をクリックしてください。

 

 

ここからは、広告グループを設定していきます。広告グループとは、1つの広告のことだと認識いただいてOKです。

ここでは例として、「英語 リスニング」というキーワードで広告を出すことにします。キーワードを入力した後は、「保存して次へ」をクリックしてください。

 

 

 

クリックすれば、次の画像のように具体的に広告内容を入力する画面になります。記入項目がいくつかあると思いますが、ステータスが「良」になるまで入力していってください。良にならないと次に進めません。

 

 

入力完了して「良」の状態であることを確認できれば、「保存して次へ」のボタンをクリックしてください。

 

 

下記のように広告内容の最終確認画面になります。「広告の掲載期間」と「キャンペーン予算」が間違い無いか必ず確認してください。確認しないとあとでとんでもないことになりますよ^^;

 

 

特に、途中で戻ったりしながら編集していると、いつのまにか広告の掲載終了日が消えていることがありますので要注意です。

 

問題ないことが確認できれば、「公開」ボタンをクリックしてください。

 

公開状態になれば、Google広告のトップにて下記のように出稿した広告の状況を確認できるようになります。

 

 

 

1日後にGoogle広告のトップをみてみて、200円を少し超えた広告費が消費されていると成功です。

200円に足りなければ、再度もう1日広告を出してみてください。その際は、200円に届かなかった分の金額で広告を出せばOKです。

 

しばらくしてキーワードプランナーを使ってみると、下記のように無事に詳細な検索ボリュームが表示されるようになっていました。

 

 

この有料機能は1ヶ月のみ継続します。1ヶ月後は、また同様に広告を出稿し、200円程度広告費を消費すれば利用できるようになります。

 

まとめ

この記事では、「キーワードプランナーの有料機能を使えるようにする方法」をお伝えしました。

 

うまくやれば月に200円程度で使えるので、ぜひ今回の方法を使って詳細な検索ボリューム情報を有効活用してみてください。

 

みなさまのブログ運営にお役立ていただければ幸いです。

 

それでは、失礼します。

アフィリエイトカテゴリの最新記事