良質・分かりやすい・役に立つ情報をお届けいたします。

大学生の副業初心者にもおすすめ!|パソコン1台でビジネスを始めよう【商品リサーチ①概要編】

大学生の副業初心者にもおすすめ!|パソコン1台でビジネスを始めよう【商品リサーチ①概要編】

こんにちは。物販チームのMOKUです。

 

この記事では、物販ビジネスを6年間続けてきた経験をもとに

「大学生の副業初心者にもおすすめ!|パソコン1台でビジネスを始めよう【せどりリサーチ編】」

について解説します。

 

私は、2014年から物販ビジネスを始めて6年になります。

物販ビジネスを地道に取り組んだ結果、目標であった会社員から独立出来ました。

今では、会社を法人化する規模まで大きくなりました。

 

直近の実績

2020年5月 月商2900万円 利益375万円

2020年6月 月商2800万円 利益369万円

2020年7月 月商3000万円 利益403万円

その経験から学んだことを、この記事でまとめてお伝えします。

 

リサーチを始める前に

前回はせどりビジネスを始めるための準備編として記事を書きました。

皆さん準備は出来ましたか?

もし、出来ていない人は【準備編】の記事を確認して準備をしましょう。

準備が出来たらリサーチを取り組んでみましょう!

 

 

その1価格差が発生するポイント(キーワード)は?

結論からお伝えすると価格差が発生するポイントは市場間の差です!!

ここは重要ですので覚えておいてください。

この意識が出来ていれば、どこからでも利益の出る商品を見つけることが出来ます。

 

では、どんな場面で価格差が生じるか具体的に記載します。

 

ケース

【仕入先 Aショップ】がおもちゃAを2000円で販売しています。

【販売先 Amazon】ではおもちゃAは2000円で売れています。

 

上記ケースではAショップで仕入れても利益は0円です。

今のところ価格差は発生していません。

※実際は、Amazonに販売手数料を支払う必要があるためAmazonで販売しても赤字です。

 

では問題です。
【仕入先 Aショップ】で仕入れて【販売先 Amazon】で販売する場合、どのような状況になれば利益が出ますか?

どうですか?
ちなみに答えはいくつもあります。
1+1=2のような学校教育の答えではありません。

それでは1つの考えとして答えます。

 

まずは、Aショップの立場から考えてみます。

 

・普段は2000円で販売していたけど売れないから1000円で売ろう(処分)

・いつも利用してくれている人に感謝を込めて特別に1000円で売ろう(会員)

・おもちゃAを100円で販売して集客して、ついでに他の商品も買ってもらおう(セール)

 

他にもいろいろなケースがあります。

上記は、どのケースも2000円から安くなっていますね。

Aショップから商品を仕入れる場合は、上記のようなケースであれば仕入れが可能になります。

この安くなるキーワードが重要です。なぜ安くなるかを考えてください。

皆さんの周りにたくさんの安くなるキーワードがあります。

 

処分

会員

セール

決算

特売

限定

数量限り

赤字

驚安

安売り

○○%OFF

など調べればいくらでも出てきますので、調べてみてください。

 

キーボードリサーチのコツ

1つのキーワードをリサーチしたら、そのリサーチ結果からもう1つのキーワードを探すと派生出来ます。

処分 → 閉店 → 赤字 → 在庫 → 半額 → ○○%OFF → セール → ・・・・・

連想ゲームみたいな感じですね。

 

次にAmazonの立場で考えてみましょう。

 

・普段はおもちゃAを2000円で販売しているけど、希少価値が高くなりそうなので3000円で売ろう(供給減)

・テレビでおもちゃAの宣伝をしていたので需要が増えるので3000円に値上げしておこう(需要増)

・クリスマスでおもちゃAの需要も増えるので3000円に値上げしておこう(時期、時間)

 

販売側の意図を汲み取ればたくさん見えきますね。

上記のように、需給のバランスや時期、時間との関係で販売価格が変動することがあります。

これも重要ですので、覚えておいてください。

 

 

その2見つけたポイント(キーワード)を使ってリサーチしてみよう

価格差が発生するポイントがわかればあとは地道にリサーチしていきましょう。

この作業は経験を蓄積する場面です。

最初から大きな利益が出ると考えないでください。

あくまで大事なことは経験です!

 

例えば安い商品を見つけたい場合は、

 

「処分 セール」

 

上記のようにグーグルで検索してみましょう。

最初は表示されたページ(1~3ページ目まで)を全て見てみましょう。

楽天が怪しそうなので見てみましょうか・・・

1ページ目に良さそうな商品がありますね。

Amazonで販売価格を見て利益が出るか見てみましょう。

利益の確認は「入金」を見てください。

「入金」は販売した場合に、こちらに入るお金です。

今回の場合は、

入金 425円 - 仕入値 378円 =  47 円

上記のように利益の出る商品というのはいくらでもあります。

 

注意

上記はモノサーチという拡張機能を使用して表示させていますが、入金に若干の誤差が生じます。

詳しい利益計算はFBA料金シュミレーターで行ってください。

 

上記ケースをFBA料金シュミレーターで計算すると以下になります。

入金 470円  - 仕入値 378円 = 92円

在庫が38個ありますので全て購入出来れば下記の利益になります。

利益 92円 × 38 個 = 3496円

 

他にもキーワードを「限定 セール」、「赤字 処分」などに変えてみると

また違う経験が出来ます。

こういった利益の出る商品をどんどん見つけて、経験を積んでください。

 

この手法は1つの例ですが、1つの手法を極めればいくらでも派生できます。

手法はただの手順でしかありません。

その手法で経験したことが一番の資産になります。

 

最初は利益の出る商品が見つからなくてもいいです。

経験や考え方を身に付けましょう。

そうすれば自然と利益の出る商品が見つかります。

諦めずに地道に進んで行きましょう。

 

 

まとめ

それでは商品リサーチ編の記事をまとめて行きます。

 

・準備をしましょう!

何事も進む場合は、準備をしておいたほうがいいです。

それはビジネスでも同じです。

準備が出来ていない方は準備編を確認してみてください。

 

・まずは価格差が発生するポイントを知ろう!

価格の変動は需供のバランス、時期、時間で決まる

 

・安くなるキーワードを知ろう

自分の身の回りから安くなるキーワードをリサーチしてください

 

・最初は見つからなくて当然

最初から利益の出る商品は、なかなか見つからないです。

地道に経験と考え方を学んでいきましょう。

 

今回の商品リサーチ編は、全体像をお伝えしました。

インターネット上には、具体的な手法はいくらでもあります。

でも、大事なことは手法ではありません。

もし、直接手法など教えて欲しいという方はお気軽に連絡を頂ければ対応できる範囲でお答えします。

 

それでは最後にこの言葉を贈らせて頂きます。

 

思考の啓示は隷属から自由へと人を解放する。
エマーソン 「人生の行動」

 

この記事が、あなたの大切な1歩の助力になれば幸いです。

物販カテゴリの最新記事