良質・分かりやすい・役に立つ情報をお届けいたします。

フリーランスで年収1000万円を達成するための戦略の立て方

フリーランスで年収1000万円を達成するための戦略の立て方

こんにちは、はぐれです。

今回は、フリーランスで年収1000万円を達成するための戦略の立て方について解説します。

 

年収1000万円はサラリーマンでいえば、課長から部長、あるいは役員など会社上層部レベルの収入ですが、上層部の人たちは常に戦略を考えています。

個人事業主も1000万円を達成したいなら同じで、戦略なしに達成できる収入ではないので戦略を考える必要があります。

 

僕はこれまで10,000人以上の起業家を見てきたのですが、実際に年収1000万円を稼ぐ人たちはみな戦略を意識して仕事していることに気づきました。

そしてその取り組みのコツは、実は戦略を作ることではなく「別のあるもの」を作ることだったのです。

 

僕も成功者の特徴を真似して取り組んだら年収は1年目から3,000万円を超すことができました。

 

今回はその体験談からお話ししますね。

内容が参考になれば幸いです。

 

1.戦略と戦術の違い

まず戦略を立てる前に前提として理解しなければならないことがありまして、それは戦略と戦術の違いについてです。

これは本題ではないので簡単に話しますが、そもそも戦略と戦術は違います。

 

戦略とは事業で目的を達成するための大まかな方向性や行動のことで、

戦術とは具体的に何にどう取り組むか、ビジネスで言えばどうやって利益を生み出すかということ。

 

なので具体的にどんな戦術を使うか決めるためには、まず戦略を立てなければなりません。

 

例えばあなたが飲食店を経営しているとして、売上を増やしたいなら

・新規顧客を増やす
・リピーターの売り上げを10%増やす
・テイクアウトメニューを充実させる

などの戦略が考えられますよね。

 

そして、その具体的戦術として、例えば新規顧客を増やしたいなら

・お店のチラシを作って駅前で配ってみる
・公式Twitterで優待価格を提示してみる
・最初のドリンク1杯目を半額で提供する

などがあるのですが。

 

あくまでも「新規顧客を増やす」という戦略を達成する目的として、「お店のチラシを作って配る」という具体的な戦術があるのです。

 

戦術だけをもとにチラシを作って配ることもできますが、

・お店はどんなお客さんを新規顧客として増やしたいのか
・どのくらいの年齢層に
・どういう性別割合で
・グループ客なのか個人客なのか

などを明確にしておかないと、ターゲットがずれた人たちにチラシを配って無駄に終わる可能性が高いです。

 

簡単に言えば、タピオカ屋さんのように若い女性がターゲットのお店だったら、女子高生や女子大生にチラシを配ることが効果的ですが、老人男性にチラシ配ったところで彼らは来店しませんよね?

そういうことが起こるのは戦略を組み立てず戦術に取り組むからです。

 

実は世の中で多くの人はこういうことを無意識でやってしまっていますが、これでは世の中の人たちに価値を提供することはできませんし、つまり利益も出せませんので注意が必要です。

まずこの仕組みの理解がとても大事なので、最初にご紹介しました。

 

2.戦略の構造性

では戦略を理解して取り組んでいればそれで戦術を使いこなせるか?ということですが、これも違います。

なぜなら戦略はさらに上位に存在する概念の影響を受けるからです。

 

それは「政策」と「世界観」です。

 

つまり、お店の売り上げを増やしたいという戦略は、

・お店の売り上げを増やしてそもそも何がしたいのか?
・どんなポリシーに基づき行動して売り上げを増やしたいのか?

という政策により決まりますし、

またその政策も、

・そもそも自分は世界に対してどういう影響を与えたいのか?
・人類の歴史にどう貢献したいのか?
・宇宙の進展のために何ができるのか?

という世界観によって決まります。

 

これらが存在して初めて戦略が存在するのです。

 

ビジネスを始めたばかりの人はとにかくお金を稼ぎたいので戦略・戦術ばかりに目が行きがちですが、それでうまくいかないことが多いのは、そもそも政策や世界観を作っていないので戦略・戦術を使いこなせないから。

 

ビジネスで利益が出る原理原則は、いつだって世のため人のために行動するからですが、自分本位にお金を稼ぎたいと考えて行動しても、世のため人のためになっていないのでうまくいかないのです。

 

まず政策や世界観をしっかり考え、実践する必要があります。

 

3.自分は、誰とどこで何をしたいのか

こういう話をすると「政策ってそもそも政府が考えるものなんじゃないですか?」と言われることもあるのですが、そうではありません。

個人事業主なら自分なりの政策を自分で作らねばなりません。

 

とても難しそうに感じてしまうかもしれませんが、ポイントを押さえれば作り方は簡単です。

 

ポイントは、

1.誰と
2.どこで
3.何をしたいのか

を考えること。

この3つを決めれば政策や世界観は自動的に決まります。

 

例えば僕はサラリーマンとして上司にヘコヘコしたり、会社の言いなりになって自分の意見も言えないような人生を送るのが嫌だったからサラリーマンを辞めました。

そして個人事業主として活躍する人たちを多く見てこう考えるようになったのです。

 

1.会社に頼らず自立している人たちと
2.自分自身の個性を発揮できる場所で
3.人類の歴史に一歩でも貢献できる行動をしたい

これが僕の政策であり世界観。

 

これを達成するために、例えばいま物販やFX、コンサルという事業に取り組んでいます。

これが具体的な戦略。

 

そして顧客やクライアントが価値と感じてもらえるものを提供し、満足していただくことで僕自身も対価をいただいています。

 

ビジネス初心者の方やなかなか稼げない人はこの取り組み方が完全に逆になっていて。

つまり、自分がいまとりあえず稼ぎたいと思って物販やFXに取り組むのですが、それではうまくいきません。

 

またそもそもの話ですが、戦術は政策や世界観から導くものなので、自分自身の唯一無二の内容です。

すでに成果を出している人から戦術を習ったとしても、それはその人にとっての戦術であり、習う人にとっての戦術ではないのでそのまま取り組んでも成果は出せません。

(僕もこれは実際に行動してから気付きました)

 

ビジネス初心者で年収1000万円に到達しない場合、問題のほとんどはここにあります。

なのでまずは政策や世界観をしっかり作ってみるとよいですね。

 

4.まとめ

今回は、フリーランスで年収1000万円を達成するための戦略の立て方について解説しました。

 

まとめると、

・戦略と戦術性の関係性
・戦略の構造
・戦略や戦術を使いこなすためにはまず政策や世界観を構築することが必要

ということです。

 

政策や世界観は一度紙に書き出す程度では不十分な場合が多いので、時間と回数を重ねて何度も何度も書き出すと良いですね。

最初から完璧な内容は作れませんし、また時間の経過や自己成長とともに変わるので、時間をかけてじっくり取り組むと良いです。

 

僕も、何となくこうなったらいいなぁと思う内容を突き詰めたから政策・世界観ができました。

今後も自分が進化するにつれてまだまだ変わっていくと思います。

 

みなさんの年収UPの参考になれば幸いです!

起業カテゴリの最新記事