良質・分かりやすい・役に立つ情報をお届けいたします。

映像データの長期保存におすすめな媒体【外付けHDD】

映像データの長期保存におすすめな媒体【外付けHDD】

こんにちは、はぐれです。

今回は、データの長期保存におすすめな外付けHDDについて解説します。

 

ビジネスを学ぶ際、セミナー動画や音声で学ぶことが多いと思いますが、それらを保存するときはギガ単位の大きな媒体が必要です。

一般的なPCは保存できても数テラでしょうから、ハードに保存してしまうとすぐ容量が満帆になってしまうでしょう。

たくさん保存するためには何かしら外部媒体が必要ですが、僕はHDD(ハードディスクドライブ)をおすすめしています。

 

保存して学習すれば、成果までの道のりは一気に早くすることができます。

僕も成功者の特徴を真似して取り組んだら年収は1年目から3,000万円を超すことができました。

内容が参考になれば幸いです。

 

1.データは全部HDDへ保存しておく

まず大前提のお話ですが、学ぶセミナー動画や音声はすべてデータを保存しておきましょう。

というのも、その都度インターネットでアクセスするのは時間がかかるので非効率的です。

 

自分がやる気になった時にその場ですぐパッと学習できないと、モチベーションはどんどん下がるので結局学習効率も落ちます。

また学びたくてもネット上にあると、ネットに接続できない環境では学ぶことができません。

 

データはいつも自由にアクセス環境に置いておくこと。

成果を出すためにはとても大事ですので、データはすべて保存しておきましょう。

では何に保存すればいいのか?ということですが、最もおすすめなのはHDDです。

理由は、高容量かつ安価だから。

 

SSDも小さいので邪魔にならず容量も大きいので良いのですが、こちらはまだそれなりに高価です。

ビジネス立ち上げの初期段階ではあまり余剰資金もないはずなので、HDDを活用するのが最も効果的だといえるでしょう。

 

2.外付けHDDを活用すればあなたの成功は3倍速くなる

外付けHDDをつける理由は他にもあります

・長く使えて安定性がある
・データを書き込みやすく取り出しやすい

ということ。

 

HDDは長く安定的に活躍してくれますので、日常業務を煩わせることがありません。

PCにつなげばその日からすぐ使えます。

 

データの書き込み・取り出しにも優れていまして、特に必要な作業もありません。

 

最近では保存容量がテラバイトを超えるものも広く普及しています。

1万円~2万円も出せば買える容量です。

 

1本1時間の動画なら、1つの動画で数ギガを消費することもありますが、テラバイトのHDDでしたら容量を気にすることなく片っ端から保存できます。

その結果、学習効率も上がるのです。

 

こんな便利なものは活用しない手はありませんのでフル活用しましょう!

 

3.HDD使用上の注意点

ただしそんな便利なHDDも一つ注意することがあります。

それは、バックアップをとっておくこと。

 

長期で安定的に使えることは事実ですが、それでもいつかは寿命で壊れます。

特に仕事で毎日使っていると負担も高いので注意が必要です。

 

いざHDDが壊れてデータを取り出せなくなったらすべての業務が止まってしまうので、あなたの仕事にも甚大な影響を及ぼします。

修理で1週間何もできなくなったら、困りますよね?

なのであらかじめ定期的にバックアップを取っておくと良いです。

これで障害の大部分を回避することができます。

 

3-1.バックアップを取っていなかったがための悲劇

かくいう僕も、かつてバックアップを取っていなかったためHDDが壊れたときとんでもない目に遭いました。

 

壊れたら修理してデータを取り出すしかないのですが、HDDは精密機械ですから個人での修復作業はほぼ無理です。
(万一修復過程で傷をつけたら、データは二度と復元できないので)

専門業者に頼ることになりますが、これがべらぼうに高いです・・苦笑

 

僕もかつて一度お世話になったことがあるのですが、作業代金はなんと25万円でした・・

 

これが高いのかどうか、適正価格なのかどうかすら素人には分かりません。

ただ仕事でどうしても必要なデータが入っていたので修理せざるを得ず、結局泣きながら払いました。

人生のいい勉強料でした。笑

 

HDDならいま数万円も出せば数テラバイトを購入できます。

メーカーの仕様書を見てもたいたい2~3年が寿命なので、少なくとも2年に1回は買い替えたほうがいいです。

 

2年に1回数万円出して買い替えても、修理代で2,30万円を払うよりははるかに安いですからね・・苦笑

HDDは便利ですが、使う際はリスク回避も意識しましょう。

 

4.まとめ

今回は、データの長期保存におすすめな外付けHDDについてお話ししました。

 

・データ保存には安価で高容量のHDDがおすすめ
・データ保存することですぐデータにアクセスでき、作業効率が上がる
・使う際はバックアップを取っておくと、いざ壊れたときにも困らずに済む

 

バックアップを取るときは、購入したHDDをそのままもう一台買って、そこに定期的にデータを移せばよいです。

僕も1ヶ月に1回は最新のデータを移しています。

 

HDDを活用すればあなたの学習効率は飛躍的に上がるので、成果が出るまでの期間も圧倒的に早くなります。

成果が出るか出ないかは要するに学習密度とスピードによりますが、HDDは強い味方となりますのでフル活用していきましょう!

 

参考になれば幸いです。

起業カテゴリの最新記事