良質・分かりやすい・役に立つ情報をお届けいたします。

トレンドブログとは何か?ネタ探しや記事の書き方を紹介|速報ネタ編①

トレンドブログとは何か?ネタ探しや記事の書き方を紹介|速報ネタ編①

ご覧いただきありがとうございます。

アフィリエイト チームのMiyatakeです。

このトレンドブログシリーズ記事では、トレンドブログに興味を持たれている方向けに、下記のような疑問にお答えしていきます。

 

トレンドブログって何?収益化もしやすそうだからやってみたい

 

これまでの記事では、「導入編」「心構え編」ということでトレンドブログの取り組みに向けた準備ができたと思います。

 

トレンドブログとは何か?ネタ探しやタイトルと記事の書き方を紹介|導入編

トレンドブログとは何か?ネタ探しや記事の書き方を紹介|心構え編

 

今回は「速報ネタ編①」ということで、いよいと実践的な内容を説明していきます。

 

私はアフィリエイトブログを2020年2月より運営しています。

ベテランの方からするとまだまだひよっこの私でも、継続的にブログで収益化できるようになりました。
そんな私が、トレンドブログや特化型アフィリエイトサイト運営で何度もつまづいてきては乗り越えてきた経験をもとに、初心者の方のつまずきやすいポイントを抑えながら分かりやすくお伝えしていきます。

それでは、さっそく説明していきます。

 

トレンドブログとは何か?トレンドネタの例を紹介

トレンドブログとは何か?

トレンドブログとは、一時的に発生する世の中のトレンドの中で、ユーザーが持つ検索ニーズを満たすための情報をまとめたブログのことです。

簡単にいうと、ニュースやゴシップ、イベント、事件などのトレンドネタに関する情報をまとめた記事を投稿しているブログのことになります。

 

さらに、ビジネス的な観点から見ると、初心者でも早い段階から収益化できますし、ブログ運営やSEOの知識もつきますので、ブログを始めようとしている初心者の方にもおすすめのブログになります。私も最初はトレンドブログで収益化をしつつブログ運営を学び、特化サイトへと活動の幅を広げてきました。

 

トレンドブログの概要は下記の記事で説明していますので、ぜひご参考ください。

トレンドブログとは何か?ネタ探しやタイトルと記事の書き方を紹介|導入編

トレンドネタの例

トレンドブログの記事ネタとしては、下記のようなネタがよく扱われます。

 

・芸能・スポーツ系(いわゆるエンタメ系)
・TV番組のネタ
・ドラマや映画のネタバレ情報
・イベント情報(音楽ライブなど)
・季節ごとのイベント(クリスマスなど)
・災害情報(台風など)
・事件(殺人事件など)
・社会ネタ(政治・経済)

 

さらにもう1つの視点として、ユーザーが検索するキーワードは検索ニーズの寿命から大まかにいうと下記3つに分類できます。

 

  • 短期
  • 中期
  • 長期

 

この中で、「短期」や「中期」がトレンドブログの記事ネタとして扱われるものです。

 

「短期」は、数時間〜数日レベルの短期間で検索需要が急騰し、そのまま一気に検索需要がなくなる検索キーワードになります。

いわゆる速報ネタといわれるものはここに含まれ、速報ニュースをネタとした記事は「短期」の検索キーワードを狙っていくことになります。また、速報ニュースではないですが、TV番組をネタとした記事もここに分類できると思います。

 

次に「中期」は、数週間〜数ヶ月レベルで検索需要が上がり、その期間は安定して検索需要がありますが、期間が徐々になくなっていく検索キーワードになります。

このよくある事例が福袋などで、年末〜年始にかけて検索需要が急騰しますが、年が開けると徐々に検索需要がなくなります。

 

最後の「長期」は定着したキーワードで、検索需要の多い少ないは置いておいて一年を通して一定の検索需要を持つものになります。

 

この中で、「短期」の検索キーワードの中でも超短期とも言える「速報ネタ」は、初心者がトレンドアフィリエイトで最もかせぎやすいネタであると思います。

初心者の方にはまずは速報ネタで収益化していただき、その他の「短期」、「中期」「長期」に取り組みの幅を広げていただくのがいいと考えています。

以降では速報ネタのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

速報ネタのメリット・デメリット

速報ネタのメリット

速報ネタのメリットは下記の通りです。

 

  1. 検索ニーズが爆発的にあがる
  2. 「中期」「長期」に比べライバルが少ないため初心者も割り込める余地がある
  3. 上記2つの理由からアクセスを集めやすく、検索エンジンから早期に評価を受けられる

 

このメリットは、速報ネタが初心者でも最も稼ぎやすい理由と考えていただいて結構です。①②③は独立しているというよりはお互いに相互作用があるので個別の理由というわけではないのですが、1つずつ簡単に説明していきます。

 

①は言葉通りの意味ですが、多くの人が注目するニュースをトリガーに多くの人がさらなる情報も求めようとし、検索ニーズが短期間で高騰します。

検索する人の母数がごく短期間に10万人とか100万人のレベルになるので、全員を自分のブログに来てもらうことは不可能にしても、数%の人に来てもらうだけでも相当なPVになります。パイの分け前が多いというイメージです。

 

②は、ライバルが少ないということですが、仕込み期間が長く取れないということが関係します。「中期」「長期」は期間が長いため記事を準備する時間もあり、必然的にライバルが増えます。

一方で「短期」の検索キーワード、特に速報ネタになると記事作成は1、2時間の勝負になります。こうなると、そのネタに気づいて記事を書けた人が勝ちという世界で、かなりライバルが絞られるわけです。もし早めに気づくことができたら、初心者でも十分にアクセスを集めることができます。

単純に考えて、ニュースを見てその1、2時間後に記事を作成できる人はそう多くはいません。また、世の中には毎日TV番組やニュースは多く存在し、どのネタをニュースにするかも人それぞれです。このような点を武器にして初心者が戦えるのが速報ネタのメリットになります。

 

さらに少し深掘りすると、③とも関係するのですが「中期」「長期」の検索キーワードに関する記事は「短期」に比べPV数は少なく、パイの分け前は少ないため初心者はPVはあまり稼げません。

PVの爆発がないので、③に書いている通り検索エンジンからの評価がなかなか上がりません。評価が上がらないうちにトレンド期間が終わってしまい、結局収益化ができなかったということも十分にありえるのです。

以上のような理由から、「中期」「長期」キーワードに対し初心者が入るのは少し難しく、「短期」は比較的に初心者が入る余地があるということになります。

 

③は先ほど述べてしまいましたが、①②の理由によりアクセスが集まりやすいので、検索エンジンからの評価が早いということです。

 

速報ネタのデメリット

以上、速報ネタのメリットを紹介してきましたが、もちろん速報ネタにもデメリットがあります。

 

それは、寿命が短いとうことです。需要が高いうちは検索ボリュームは爆発的にあがるのですが、需要が低くなると一気に下がります。

下手すると数時間で需要は下がり、長くても数日というレベルです。したがって、本当に時間との勝負になりますので、どれだけ早く記事を公開できるかが重要になります。

ニュースが発生して1時間〜2時間までが勝負で、それ以降はどんどん需要が下がりライバルも増えます。半日後や1日後に記事を作ったとしても、需要のピークは過ぎていますし、すでに多くのトレンド記事が存在し、それらが上位を独占しているため、ほとんどアクセスを得ることができない状況になります。

ニュースを数分単位でチェックすることは大変だとは思いますが、頻繁にチェックをする習慣をつけることも必要になります。

また、1時間おきにチェックするなら、そのニュースがいつ発表されてどのくらい時間が経っているのかを確認して、記事化を検討する必要があります。

 

速報ネタのデメリットとして、以上のように結構心身をすり減らす作業も必要です。これがデメリットでもあるのですが、逆にいうとこれさえ乗り越えればそのステージに行けるわけですので、頑張りどころだと考えていただければと思います。

 

本業でブログを書く時間があまり取れない方は大変なところですが、夜遅くにニュースが発生したり朝早くにニュースが発生したり、休日にニュースが発生することも十分ありますので、速報ニュースに対して記事を書くことは可能になります。記事作成のための時間の作り方などはまた 別の記事でお伝えしますね。

 

まとめ

この記事の内容をまとめると、下記になります。

 

・検索キーワードは検索需要の期間により「短期」「中期」「長期」に分類できる
・トレンドブログで初心者でも稼ぎやすいのは速報ネタ

 

今回は速報ネタ編①として速報ネタは初心者にも稼ぎやすい理由を紹介しました。速報ネタ記事の詳しい書き方などはまた別の記事で書きますね。

みなさまのブログ運営にお役立ていただければ幸いです。

それでは、失礼します。

アフィリエイトカテゴリの最新記事