良質・分かりやすい・役に立つ情報をお届けいたします。

トレンドブログとは何か?ネタ探しや記事の書き方を紹介|速報ネタ編②

トレンドブログとは何か?ネタ探しや記事の書き方を紹介|速報ネタ編②

ご覧いただきありがとうございます。

アフィリエイト チームのMiyatakeです。

このトレンドブログシリーズ記事では、トレンドブログに興味を持たれている方向けに、下記のような疑問にお答えしていきます。

 

トレンドブログって何?収益化もしやすそうだからやってみたい

 

これまでの記事は下記の通りです。

 

トレンドブログとは何か?ネタ探しやタイトルと記事の書き方を紹介|導入編

トレンドブログとは何か?ネタ探しや記事の書き方を紹介|心構え編

トレンドブログとは何か?ネタ探しや記事の書き方を紹介|速報ネタ編①

 

今回は「速報ネタ編②」として、最近の実際の速報ネタを使ってキーワード選定のコツを紹介していきます。

 

私はアフィリエイトブログを2020年2月より運営しています。最初はトレンドブログを運営し、現在はASPを使ったアフィリエイトサイトを運営しております。

ベテランの方からするとまだまだひよっこの私でも、継続的にブログで収益化できるようになりました。
そんな私が、Wordpress記事作成においてこれまで何度もつまづいてきては乗り越えてきた経験をもとに、初心者の方のつまずきやすいポイントを抑えながら分かりやすくお伝えしていきます。

それでは、さっそく説明していきます。

 

速報ネタのキーワード選定のコツ

速報ネタキーワードの選定には、一般的なキーワード選定にはないコツが必要になります。

このコツがつかめないと、トレンドブログで収益化することは難しいわけですが、逆に言うとこれさえできるようになれば初月からでも収益化はすぐにできますのでしっかり身につけてくださいね。私もトレンドブログ初月から5万円強の収益化ができましたよ。

一般的な記事と速報ネタ記事のキーワード選定との違い

一般的な記事と速報ネタ記事のキーワード選定の違いは何かというと、一般的な記事では過去の検索実績を見てキーワード選定できるのですが、速報ネタ記事ではそれができないということです。

 

一般的な記事におけるキーワード選定では、キーワードプランナーというツールを使えばどのようなキーワードで過去に検索されているかがすぐわかります。

この情報を使えば、検索ニーズの多いキーワードを自分のサイトの記事のタイトルや本文に入れることができたり、ライバルが少ない穴場のキーワードを探すこともできるので、結果的に自分の記事へのPV数を増やすことにつながっていきます。

 

キーワードプランナーはGoogleが提供しているGoogle広告というサービスの1機能です。詳しいツールの利用方法などは、下記の記事をご覧いただければと思います。

 

【2020年版】キーワードプランナーの使い方を紹介|無料で検索ボリュームを調査しよう

 

このツールを使えば、過去にどのくらいの検索ユーザがどのようなキーワードで検索しているか(=検索ニーズ)という情報を調べることができます。

一方で、この「検索ニーズ」というのはあくまで過去の実績データであり、過去に検索されたキーワードに対して有効なデータになります。

トレンドブログの速報ネタというのは世の中にこれまでなかったキーワードを狙っていくわけですから、過去の実績データというものがないということになります。したがって、キーワードプランナーでのキーワード選定は基本的に使えないということになります。

 

また他にも「検索ニーズ」を知る有効な手段として検索エンジンのサジェストキーワードもあります。

しかし、この方法もデータがたまるまで数時間必要ですので、速報ネタを扱う際には遅すぎる情報になります。

速報ネタのキーワード選定のコツ

ではどうすれば良いかというと、速報ネタではどのようなキーワードでユーザーが検索するかを予測してキーワードを選定していきます。

 

この予測のためには、まずはこのようなネタの時はこのようなキーワードで狙う、というようなキーワードパターンを自分の頭の中に作り込むということが必要になってきます。そこがスタートだと思います。

過去の私もそうでしたが、間違ったキーワードで設定すると、アクセスがほとんど集まらずに収益化もなかなかできないということになります。これは自分の中でキーワードのパターン化ができておらず、うまく検索キーワードを設定できないからです。

速報ブログでキーワードを決めるコツを「ずらし」と呼ぶことが多いですが、ある程度自分の中でネタ⇄キーワードのパターンができると、どのようなネタでもこの「ずらし」の対応ができるようになりますよ。

次からは、実際の最近の速報ネタを使ってその「ずらし」を紹介していきますね。

 

速報ネタのキーワード選定の実践練習

ここでは、速報ネタキーワード選定の実践練習をしていきます。

 

例えば、この記事を執筆中に下記のようなニュースがありました。

 

俳優・伊藤健太郎さんが人身事故 一旦は車で現場から走り去る バイクの2人が病院に搬送され1人は重傷
https://times.abema.tv/news-article/8630925

 

この速報に対し、初心者のころに選定しがちなキーワードは、「伊藤健太郎 ひき逃げ 場所」などです。

確かに検索需要が全くないと言えばそういうこともないのですが、これではおそらく十分なPVはとれないと思います。

なぜなら、すでに上記報道内容に「渋谷区」という情報が入っているので、それ以上に詳しい場所を知りたい人がどのくらいいるのかという話もありますし、実は他の大手サイトの記事にはもっと詳しい場所情報も記載されていたりしますので、もう知りたい情報はほぼ満たされている、という状況になります。

 

ニュースを見て「検索する」という行動を起こすのはよほど知りたい情報があるときだけです。私たち自身もそうではないでしょうか。機械的にキーワード選定をしていてはやはりうまくいかないので、ビジネスの基本通り、相手の目線にたって考えることが不可欠です。

そのニュース内にほぼその答えが書いてあったり、そのニュースを見てよほど検索したいと思うようなキーワードでなければ、PVはとれないと考えていただいてよいです。

 

また最近は特にですが、「場所」というキーワードがタイトルに入っていなかったとしても、「場所」内容が記事に含まれていれば「伊藤健太郎 ひき逃げ 場所」の検索結果にも表示されるようになってきています。

したがって、このようなキーワードを選定すると、ある程度場所に関する記述がある大手のニュースサイトが上位表示されるため、個人サイトで上位表示されることはかなり難しいと思います。

ニュースが発生したからといって、その内容をそのまま記事にする、もしくは少し詳しく書くというのでは意味がないということを念頭に置いておきましょう。

むしろイメージとしては、その報道内容自体ではなく、その報道内容をヒントにユーザの次の行動を考えて記事化するというイメージです。

 

例えば1つの例ですが、このニュースの場合下記のようなキーワードが狙えると思います。

 

「伊藤健太郎 車種」「伊藤健太郎 愛車」

 

これもパターン化の1例です。もちろんこのニュースで狙えるキーワードはこれだけではないので、1例にすぎません。

 

有名人の愛車を知りたいニーズは結構あります。TVなどで有名人の愛車紹介だったり、ニュースサイトなどで有名人の愛車まとめの記事だったりを見られたことはないでしょうか。

クルマは人のセンスや好みがよくわかるので、特に有名人の愛車を知りたいニーズは多いんですね。したがって、有名人のクルマを想起させるような報道があると、愛車ってなんなんだろ?という検索ニーズは多いのではと想定されます。有名人のクルマを想起させる報道があった場合、「名前 愛車」や「名前 車種」などは鉄板キーワード、鉄板パターンということができます。

 

もちろんこれは妄想ではなく、このような場合は鉄板パターンはこれだと検証しているからです。鉄板パターンを検証するためには、下記の方法があります。

 

・報道の翌日に検索エンジンのサジェストキーワードを見る
・報道の1ヶ月後などにキーワードプランナーで該当キーワードの検索ボリュームをチェックする
・PVが多いトレンドブログのタイトルの付け方を調査する

 

上記のような方法を使って鉄板パターンを自分の中でストックしておけば、どのようなネタなネタが来たとしてもある程度対応できるようになりますよ。ぜひ、地道に鉄板パターンのストックを増やしていってくださいね。

 

まとめ

この記事の内容をまとめると、下記になります。

 

・トレンドブログも「相手の目線に立って困りごとを解決する」が基本
・キーワードの鉄板パターンを地道に増やすことが収益化への最短の道

 

今回は速報ネタ編②としてトレンドブログの速報ネタの実践例を使ってキーワード選定のコツを紹介しました。

 

みなさまのブログ運営にお役立ていただければ幸いです。

それでは、失礼します。

アフィリエイトカテゴリの最新記事